2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.05 (Thu)

歓喜

あぁ、私は幸せ者だな、と思った。

自分のただの愚痴というかちょっとした想いを零したなのにそれにコメントをくれる人がいるなんてなんて嬉しい事なんだろう。

だから僕は・・・・・!


【More・・・】

私、ユメを叶えます、必ずユメを叶えます。


某召喚師を連想できたあなたとは良い酒が飲めると思う。

まぁ冗談では、ないと思います。
結局今はかなり迷ってるけど、自分の性格からしてきっと夢に向かって走ってる気がします。
普通の道に進んだら『あぁ、なんでチャレンジしなかったんだろう』って思っている自分が見えるから。

まだ決まったわけじゃないけどきっと私は夢を追うと思います。

決まって歩き始めたらまた皆さんに色々伝えます、その時は応援してくれたら嬉しいかなー・・・とw


うん、そんなわけです!久しぶりに言わせてもらいました!すっきりした!!

ブログやってて良かった!!皆ありがとう!!!



またG線日記になると思うけど良かったら見てくださいね・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト
EDIT  |  20:02  |  ぜばるごと。  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

ヘーイ、相変わらず哲学してますね~ww

一つ「人生のターニングボインントってそれが過去になってから初めて気づくもの」

一つ「応援してもらえるという思いが少しでもある人はとても幸せ」

一つ「例え本名を知らなくても、例え顔を知らなくても、例え会ったことがなくても、心さえ通じていればそれは時にすべての事象を凌駕することがある」

一つ「自分はいつでもガチで応援してるぜ!!!」
aosanz |  2008.06.05(木) 22:47 |  URL |  【コメント編集】

誰だって色々悩むことはありますし、むしろそんなときに頼っていただけるのは私としてもすごく嬉しいものがありますよ。

ほかの方と同じような内容ですが、優しさには距離も時間も関係ないんですよ。

失敗したら失敗したときに考えよう。明日は明日の風が吹くさ。
辛くなったら他人に頼れ。迷惑かけても心配かけるな。
結局何がベストだったかなんて誰にも分からないさ。だったら他人に胸張って語れる人生生きろ。
泣きたければすぐに泣け。涙が止まったらすぐに笑おう。

私が言うとよくバカにされますが、
考えばかりで行動できないやつは堅実な人生を送ったとしても真の幸せはつかめない
と思うんですよ。

夢があって、目標がある。素晴らしいことじゃないですか。

私も応援します。
頑張って下さいね!
intellctual |  2008.06.05(木) 23:47 |  URL |  【コメント編集】

昨日記事で見かけたときに
どう書けばいいのかわからずコメントしそびれました。

あまり安易に人の夢を煽るのも無責任なような気がするし
かといって単に堅実な人生を歩くべきだとは自分は思いません。
というか、堅実な人生なんてあるのかは疑問です。
普通の仕事、普通の人生なんて存在しないんじゃないかな、と。
特別、というのはきっと本人の心のあり方に依存する感覚で、
どんな世界だって視方を変えれば特別で、
当たり前のように見えるものも
決して当たり前じゃなかったりするものです^^

友達にガンダムが好きな人がいて、
将来の夢はマジでガンダムを作ることだそうです。
その彼は宇宙材料工学の会社の内々定を貰いました。
ガンダニウムが見つかるかどうかなんてわかりませんけどねw
正直自分はまったく材料工学に関して分からないし、
その会社のこともどんな仕事をするのかもわかりません。
一般的に見たらその会社のいちサラリーマンです。
でもその本人にとって見たらそこは特別な場所、
そしてきっと夢に繋がる特別な仕事なんだと思います。


なんかまとまりないというか伝わりにくくてすみません。

個人的には先に「夢」と言ってしまうと漠然としすぎてて
結局見失ってしまうんじゃないかと思っています。
ゴールが見えにくいとなかなか完走できないものかなと。
それよりも「好き」を頼りに走ってみてはいかがでしょうか?
ただの言葉遊びのように聞こえますが
同じようでまた随分違った感覚だと思います。
「好き」という感情は他の何よりも強い感情だと思います。
それに好きは少しずつ増やしていけるものです。
きっと夢という言葉が出るということは何かが好きなんだと思います。
その好きを増やしていくのはどうでしょうか?
初めは一つ好きなことがあって、そこからまた別のことが好きになって
そこから知った何かをまた好きになって、
そうやって少しずつ積み上げていく内に気がついたら
夢みたいな事象に届いていたりするんじゃないかなと思います。

夢は大事だし、それがなきゃ人として生きる意味はないです。
ただ、「夢」を掲げることに一生懸命で
何が「好き」だったのかを忘れてしまった人を知っています。
それはやっぱりかなしいことだと思います。


何かに悩んだ時は自分の中にある「好き」と向き合えば
もしかしたら何か答えがでてくるかもしれません^^
少なくとも好きなことを追い続けて進んだのなら
その結果に反省はしても後悔はしないと信じています^^

長々と個人の見解大変失礼しました。
K.K. |  2008.06.06(金) 02:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。